English

PLCとは

PLCは(Programmable Logic Controller)の略です。さらに三菱製のPLCのことを「シーケンサー」と呼んでいます。 基本的にこの業界ではPLCでもシーケンサーでも通用します。 どちらでも通用しますので逆に注意しなければいけないことがあります。 もし外部の業者に設備などの製作依頼を行うとき、PLCのメーカーを指定しましょう。 それはシーケンサー=三菱ということが成り立たないことがあるからです。

外観はメーカーによっていろいろ違いますが、長方形で完成しているタイプ、ベースユニットに自分の必要なユニットを追加していくタイプなど、 さまざまなタイプがあります。基本的にAC100Vの電源を供給して、入出力の端子台にセンサーなどを取り付けて使用します。 個人差にもよりますが、最近のPLCはかっこいい製品が多いです。FXシリーズという小型のPLCの写真をのせておきます。

FX1N

マイコンなどを動作させるとき、電源やノイズを除去する回路などを組み込まなければなりません。 このような回路が一式パッケージになったようなものがPLCです。 プログラムの書き換えは動作中にも行えますし、部分的に変更することも可能です。

また最近のPLCは高機能で、通信ユニットやアナログ出力ユニットなど、自由に取り付けることが可能です。

費用としてはマイコン単体よりもかなり高価になります。 使用用途としては専用機と呼ばれる世の中に数台しか必要としない設備、 つまり産業機器でいう製品を組み立てたり試験したりする設備(それ以外には基本的に使用できない)によく使われます。 それはマイコンなどと違い、デバックが容易で、生産機種の仕様変更にも対応できる汎用性もあるからです。

逆に量産品には高価すぎて基本的には使用しません。 量産品はたとえば家電などで、プログラムのデバックは特に必要ありません。正確には販売後はほぼできないと思います。 そのためコストを下げるため、また小型化するためにもマイコンなどを使用します。

それではシーケンス制御について説明していきます。ここまでの話は「こんなものがあるのだな」という程度で大丈夫です。 これからシーケンス制御を始める方は、事項の説明からしっかり学んでください。

それではシーケンス制御の世界へようこそ。ここから説明をしていきます。最初は難しいかもしれませんが、あきらめずにがんばってください。



リレーについて
絵で見てわかるシーケンス制御

シーケンス制御を短期間で理解するには通信講座がお勧めです。シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御をできるだけわかりやすく説明していますので、一度目を通していただければ通信講座も短期間で身につくと思います。


わかりやすい電気保全

シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御について詳しく解説していますが、実際の保全業務となるともう少し広い範囲の知識も必要です。故障した設備を素早く原因を探して素早く直す。実際はなかなか難しいことです。 浅くてもいいので少し広く知識を持っていれば、役にたつと思います。


図解入門 よくわかる最新 シーケンス制御と回路図の基本はKindle版(電子書籍)です。

Copyright (C) 2010 シーケンス制御講座, All rights reserved.