デバイスについて

デバイスについて簡単に説明します。デバイスとは今までラダー図を作成する時に使用した、「M0」や「X0」のことです。 ラダー図作成のときは、私はコイルや接点とよんでいましたが、これらをまとめてデバイスとよびます。

ここで重要なのは、デバイスには大きく分けて「ビットデバイス」と「ワードデバイス」があることです。「ワードデバイス」についてはまだ説明していませんので、ここで簡単に説明しておきます。

まずビットデバイスとは、ラダー回路の作成などで説明をした「M0」や「X0」「Y0」のことです。「ビットデバイス」はその名の通り1か0しかありません。 もっと簡単に説明すると、「ON」か「OFF」しかありません。「M0」はONかOFFの動作しかできず、その中間はないのです。

逆にワードデバイスは、数値が扱えます。これは複数のビットが集まったデバイスです。1つのビットはONかOFFしかできません。 ワードデバイスはこのビットが16個で構成されています。そのためワードデバイスを1個使う場合は、16ビットとよんでいます。

例:
0000 0000 0000 0001 =「1」
0000 0000 0000 1111 =「15」

こんな感じで数値として扱っています。ただし一番左のビットは+(正)と−(負)の記号に使用するので−32768〜32767の範囲で数値を扱えます。 ただ実際の回路作成では、このようなビットを数値に変換する必要はありません。特に意識することなく普通に数値で扱えます。説明しても分かり難いので実際に使って覚えましょう。



データレジスタ
PCによるシーケンス制御

シーケンス制御を短期間で理解するには通信講座がお勧めです。シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御をできるだけわかりやすく説明していますので、一度目を通していただければ通信講座も短期間で身につくと思います。


わかりやすい電気保全

シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御について詳しく解説していますが、実際の保全業務となるともう少し広い範囲の知識も必要です。故障した設備を素早く原因を探して素早く直す。実際はなかなか難しいことです。 浅くてもいいので少し広く知識を持っていれば、役にたつと思います。


図解入門 よくわかる最新 シーケンス制御と回路図の基本はKindle版(電子書籍)です。単行本ご希望の方は、フォーマットで単行本を選択してください。または、トップページよりご購入ください。

Copyright (C) 2010 シーケンス制御講座, All rights reserved.