データレジスタ

データレジスタとは数値データが扱えるワードデバイスです。初級編で説明した「M0」のようなビットデバイスはONかOFFしかありません。 それに対してデータレジスタは、例えば「D0」の中に「10」という数値を保存したりできます。そのため「D0」がON、みたいな動作はありません。※条件をつけて接点のように動作させることは可能。

例えば[MOV K10 D0]とすれば、「D0」に10進数で10を書き込みます。10進数とは10で桁が上がる数値、つまり普通の数値です。 K10が10進数で10の値です。H10とすれば16進数で10の値となります。普通はKを使います。

この10という数値が入った「D0」はどのように使うのでしょうか?例えばタイマに使えます。
(T10 D0)で使えます。この場合1秒タイマになります。

このようにしておけば、「X10」か「X11」が入れば「M100」で自己保持をかけます。 そして自己保持を解除する「T10」があります。この「T10」の時間を変更しているのです。 つまり「X10」で「M100」をONするのと、「X11」で「M100」をONするのでは、切れるまでの時間が変わってきます。

後で説明しますが、プログラムの順序に注意してください。上の例では[MOV]命令を最後に持っていくと、へんな動きをすると思います。

データレジスタでは数値を扱えますが制限があります。値が「−32768〜32767」の範囲でしか使用が出来ません。 理由は、データレジスタは16個のビットで成り立っているからです。もっと簡単に説明すると、データレジスタは16個のコイルで成り立っています。 そしてそのON、OFFの組み合わせで数値と認識しています。そして一番左のビットは、正か負をあらわしています。

しかし、この範囲以上の値を使用したいときがあります。その時は「ダブルワード」で使用します。 ダブルワードはデータレジスタ2個を1セットとして32ビットで使用します。ダブルワードで使用すると、−2147483648〜2147483647までの値が使用できます。 使用方法も簡単で、命令の前に「D」をつけるだけです。

[DMOV K100 D0]

これで「D0」と「D1」の2個のデータレジスタをダブルワードで使用します。注意しないといけないのは、ダブルワードといっても、指定した命令の部分だけがダブルワードになるだけです。 元の「D0」と「D1」というデバイスが合体するわけではありません。元のデータレジスタの組み合わせでそのように表示させているだけです。そのためダブルワードで指定したら、そのデータレジスタは今後ダブルワードで使用する必要があります。
※ダブルワードで指定して0〜32767の範囲であればシングルに戻しても問題はありません。記号の位置が変わるので、マイナス値は記号がなくなります。またダブルワードからシングルワードに変換する命令もあります。

次はデータの比較でデータレジスタを使用してみます。

このように書けば「D0」の値が5以上になれば「M100」がONしますし、10より小さい場合は「M101」がONします。 「D1」の内容と比較したりもできます。上の回路のように等符号を使用して書くと、接点のように動作させることもできます。先頭に書いてある「M8000」は特殊な接点で、シーケンサーがRUN状態のときは常にONしています。(FXシリーズのシーケンサー) そのため特に書く必要はないのですが、プログラムを組む人にもよります。私は書きます。同じ動作をまとめたりもできます。まあ見た目の問題ですが。

最後にデータレジスタの内容を変化させて見ましょう。

特に何でもない回路です。何かの動作をするわけでもありませんが、説明用に作ってみました。 まず「M8013」なのですが、これも特殊な接点で1秒周期でON、OFFを繰り返します。このようにシーケンサーには最初からある特殊なリレーがたくさんあります。 簡単に使用できますし、ぜひ使ってみてください。メニューの「ヘルプ」→「特殊リレー/レジスタ」から表示できます。

上のイラストでは「M8013」が1秒周期でONしたりOFFしたりします。その後の「INCP」は値を1ずつ追加する命令です。 「INCP」の最後の「P」はパルスです。つまり「INC」命令が実行された一回のみ「D10」に値を追加しています。 この「P」がないと、パルスとして実行しないため、毎スキャン1を追加してしまいます。シーケンサー内でプログラムが回転するだけ値を追加するということです。 0.5秒実行しても、かなりの数を追加すると思います。

その次は、「D10」の値が100になったら「MOV K0 D10」となっています。これは0の値をD10に書き込むということです。 つまり「D10」の値が100になると、「D10」の値を0に戻して再びカウントを行うということです。

ここで重要なのは、「D10」の値が100になると動作を実行すればいいのに、100以上とプログラムはかいてあります。 この規模のプログラムなら特に問題はないのですが、大規模なプログラムになると、ほかの要因やプログラムミスで「D10」の値が突然100を超えるかも知れません。 100=D10という条件であれば、「D10」の値が100を超えてしまったら復帰することができなくなります。 そのため100以上という条件にしています。

又、プログラムの仕様にもよりますが、この場合のMOV命令はパルス化しないほうがいいと思います。プログラムには必ずバグや予想外の動きが発生します。 そのときの逃げ道を作ることも大切なのです。



PCによるシーケンス制御

シーケンス制御を短期間で理解するには通信講座がお勧めです。シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御をできるだけわかりやすく説明していますので、一度目を通していただければ通信講座も短期間で身につくと思います。


わかりやすい電気保全

シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御について詳しく解説していますが、実際の保全業務となるともう少し広い範囲の知識も必要です。故障した設備を素早く原因を探して素早く直す。実際はなかなか難しいことです。 浅くてもいいので少し広く知識を持っていれば、役にたつと思います。


図解入門 よくわかる最新 シーケンス制御と回路図の基本はKindle版(電子書籍)です。単行本ご希望の方は、フォーマットで単行本を選択してください。または、トップページよりご購入ください。

Copyright (C) 2010 シーケンス制御講座, All rights reserved.