BCD出力

BCD出力について説明します。BCD(Binary-coded decimal)二進化十進数であり、二進数表示のものを10進数で表示を行ないます。 難しい話をしても分からないと思いますので、下のイラストを見てください。

ちなみに二進数とは2で桁が上がるもので、0か1かの組み合わせです。十進数は10で桁が上がるため、皆さんが普通に使用している数値のことです。

とりあえずシーケンサーの出力をイメージします。この8点の出力で、何通りのパターンの出力が可能でしょうか? 実は256通りのパターンが出力できます。

上の図のように「Y0」を1として、2倍に増やしていきます。そして出力されたアドレスの値を足していけばいいのです。 ためしに行ってみましょう。

「Y0」、「Y2」、「Y5」がONしていると過程します。上の図のように足せば、合計が37になります。 出力が全く出ていない場合は0ですし、すべて出力されれば255になります。0〜255の256パターンの出力です。 この出力バイナリ出力とよんだりします。ビットの基礎知識を説明したところで、「BCD出力」について説明します。

「BCD出力」は一桁を4個の出力で表示」します。1〜9の数値を「Y0」〜「Y3」の4個の出力接点で出力します。上記の説明では、4個出力で0〜15までの数値が出力できました。 これを0〜9まで使用して一桁に使用します。これが「BCD出力」です。つまり「BCD出力」で12という数値を出力すると、勝手に桁上げされます。そのため「Y0」〜「Y7」までの接点が必要です。 一桁4点の出力(ビット)と覚えてください。

上の図のような感じで一桁4点の出力で扱います。二桁目は十の桁です。そして下の図のように出力させてみます。

「Y0」〜「Y3」までが一桁目なので、「69」の出力となります。これが「BCD出力」です。つまり一桁4点の出力で対応ができます。使用用途としては7セグ表示機への出力が主です。また最近ではロボシリンダの制御にもよく使用されています。

ラダー図の書き方は次のようになります。

ここでは「D10」の値を出力するのですが、K2Y0に出力します。これは「Y0」から2桁分出力するという意味です。つまりこのように出力すると、「Y0」〜「Y7」までを使用します。
※BCD命令では10以上の数値は桁が上がってしまいます。4点の出力で15まで出力させたい場合はBCDの部分をMOVに変更してみてください。[MOV D10 K2Y000]

シーケンサーの種類にもよりますが、上記ラダー図では出力できない場合があります。その時は[BCD]の部分を[BCDP]に変更してみてください。



PCによるシーケンス制御

シーケンス制御を短期間で理解するには通信講座がお勧めです。シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御をできるだけわかりやすく説明していますので、一度目を通していただければ通信講座も短期間で身につくと思います。


わかりやすい電気保全

シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御について詳しく解説していますが、実際の保全業務となるともう少し広い範囲の知識も必要です。故障した設備を素早く原因を探して素早く直す。実際はなかなか難しいことです。 浅くてもいいので少し広く知識を持っていれば、役にたつと思います。


図解入門 よくわかる最新 シーケンス制御と回路図の基本はKindle版(電子書籍)です。単行本ご希望の方は、フォーマットで単行本を選択してください。または、トップページよりご購入ください。

Copyright (C) 2010 シーケンス制御講座, All rights reserved.