ランプ点滅2

ランプ点滅1で作成した回路と基本的な動きは同じですが、点滅回数を指定します。3回点滅したら消灯(動作停止)させてください。

  1. スイッチ「X0」をON→ランプ「Y0」が1秒間隔で点滅
  2. 3回点滅したら消灯(停止)
  3. スイッチ「X0」を途中でOFFしても「Y0」は3回点滅する
  4. スイッチ「X1」をON→ランプ「Y0」が消灯
  5. スイッチ「X0」をONし続けても3回点滅で消灯
  6. 再度動作させたい場合はスイッチ「X0」を一度OFF→ONさせる
  7. フリッカ(点滅)回路はタイマーで行う

基本的にはランプ点滅1回路で作成した回路と似たような回路になります。3回という回数確認はカウンターコイルを使います。 カウントアップで動作の自己保持を解除すればいいですね。カウンターの書き方は(C0 K3)です。タイマーコイルと同じで記号が違います。

タイマーコイルとは違いカウンターコイルはカウントアップしたらリセットする必要があります。タイマーはコイルをOFFすればタイマーの値も0になりますが、カウンターはコイルをOFFしても0になりません。 カウンターコイルがONした回数だけ値が増えていきます。つまりカウントアップ後に再度使うにはカウンターをリセットする必要があります。

スイッチ「X0」をONし続けても3回で消灯させないといけません。もしかしたら「X0」をONし続けると3回ではなく常に点滅するかもしれません。

どうでしょうか?思ったとおりに動作しましたか?

それでは次のページで回答を見てみましょう。



ランプ点滅2回路
絵で見てわかるシーケンス制御

シーケンス制御を短期間で理解するには通信講座がお勧めです。シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御をできるだけわかりやすく説明していますので、一度目を通していただければ通信講座も短期間で身につくと思います。


わかりやすい電気保全

シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御について詳しく解説していますが、実際の保全業務となるともう少し広い範囲の知識も必要です。故障した設備を素早く原因を探して素早く直す。実際はなかなか難しいことです。 浅くてもいいので少し広く知識を持っていれば、役にたつと思います。


図解入門 よくわかる最新 シーケンス制御と回路図の基本はKindle版(電子書籍)です。

Copyright (C) 2010 シーケンス制御講座, All rights reserved.