ランプ点滅2回路

ランプ点滅2の問題の回答です。

まずスイッチ「X0」を押せば動作し、放しても3回は点滅させるので動作を保持させないといけません。ここは自己保持をつかえばいいのですが、「X0」を押し続けても3回で点滅を終了させないといけません。 これは3回点滅というサイクル(このような一定のどうさを1サイクルとよぶ)をスイッチ「X0」が押されたときに1回動作させればいいのです。

2回目の動作をロックさせるのではなく、1回だけ動作させるとイメージしてください。プログラムは最初にイメージした方向に作成されるので、イメージすることも大切です。

「X0」を押せば一回だけ動作なので「X0」を押した瞬間の信号を作りましょう。これはパルス命令を使います。

このパルス命令は「X0」をONした瞬間、一瞬「M0」がONします。正確には「X0」がOFF→ONした時1スキャン「M0」がONします。PLC内部ではプログラムを上から下まで読込んで、最後まで読込むとまた最初から読込んで・・、を繰り返しています。 これをスキャンしているとよび、プログラムを1周スキャンすることを1スキャンと呼びます。回路を見ると同時に接点やコイルがON/OFFしているように見えますが、実際は1行ずつ読込んで実行しています。ですが最初はここまで考えなくても大丈夫です。 パルス命令は一瞬入ると覚えておけば大丈夫です。そのうちわかるようになります。

このパルス命令を使うことで「X0」を短い時間押しても長い時間押し続けても「M0」は押した瞬間ONするだけです。押す時間に左右されません。

この「M0」を使って動作回路を作ります。

動作回路はこんな感じになりました。まず「M1」で自己保持かけます。この「M1」がONし続けている間はランプ点滅します。つまりランプ3回点滅という1サイクル動作はこの「M1」がONしている状態にします。 「M1」がONしている間は「T0」が点滅(フリッカ)します。この「T0」の接点で「C0」のコイルをONさせるということは、「T0」がONするたびに「C0」がカウントしていきます。これにより「T0」の点滅回数をカウントできます。

この「C0」は「K3」と書かれています。これは3回カウントしたら「C0」の接点が動作するという意味です。「M1」の自己保持の条件は「X1」がOFFと「C0」がOFFのときです。つまり「C0」が3回カウントしてカウントアップすれば自己保持は解除されます。

その下に「M1」がOFFのとき「C0」がリセットされるようになっています。こうしないと「C0」はカウントアップしているので「C0」の接点はONし続けます。すると再度この点滅動作を行うことができません。 使い終わって、使わないときはリセットしています。

その次は先ほどのフリッカ回路です。

最後に「Y0」に出力すれば完成です。

このままシュミレータで動作確認しますが、このままでは「X0」と「Y0」が同じ画面内におさまらない可能性があるので、「Y0」の位置を変更しています。

モニタすれば動作するはずです。「X0」をONすれば「Y0」は3回点滅します。

本来は「Y0」のような出力は回路の最後においてください。今回は確認できるように先頭に配置しているだけです。



変換できない
絵で見てわかるシーケンス制御

シーケンス制御を短期間で理解するには通信講座がお勧めです。シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御をできるだけわかりやすく説明していますので、一度目を通していただければ通信講座も短期間で身につくと思います。


わかりやすい電気保全

シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御について詳しく解説していますが、実際の保全業務となるともう少し広い範囲の知識も必要です。故障した設備を素早く原因を探して素早く直す。実際はなかなか難しいことです。 浅くてもいいので少し広く知識を持っていれば、役にたつと思います。


図解入門 よくわかる最新 シーケンス制御と回路図の基本はKindle版(電子書籍)です。

Copyright (C) 2010 シーケンス制御講座, All rights reserved.