歩進動作回路

歩進動作で説明した回路です。

まずはスイッチ「X0」を入れるとランプが点灯し、スイッチ「X1」で即消灯するということは、「X0」でランプ点灯サイクルが動作し「X1」で動作停止ということになります。

そして動作開始でランプが点灯するので「M10」を使い点灯させます。その下の「T0」は1秒後に次のランプを点灯させないといけないので、ここに入れています。

そして「M10」がONしているとき「T0」の接点がONすると「M11」がONします。これで必ず順番にONしていきます。

最後に「M13」がONすると「M10」がOFFします。「M10」の自己保持条件に「M13」のb接点が入っているからです。「M10」がOFFすると「M11」もOFFします。 「M11」がOFFすると「M12」もOFFします。つまり「M13」がONすれば「M10」から「M13」はOFFされまた最初から動作を繰り返します。

次にランプを点灯させる出力部分です。

「M10」がONすれば「Y0」が点灯します。しかし「M11」がONすれば「Y0」は消灯します。そして「Y1」が点灯するようになっています。これで順番に点灯を繰り返します。

全体で見るとこんな感じです。実際にシミュレータで動かして確認してみてください。

この回路も分かりやすいように出力「Y」を上に書いています。実際は下に書いてください。



1サイクル動作
絵で見てわかるシーケンス制御

シーケンス制御を短期間で理解するには通信講座がお勧めです。シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御をできるだけわかりやすく説明していますので、一度目を通していただければ通信講座も短期間で身につくと思います。


わかりやすい電気保全

シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御について詳しく解説していますが、実際の保全業務となるともう少し広い範囲の知識も必要です。故障した設備を素早く原因を探して素早く直す。実際はなかなか難しいことです。 浅くてもいいので少し広く知識を持っていれば、役にたつと思います。


図解入門 よくわかる最新 シーケンス制御と回路図の基本はKindle版(電子書籍)です。

Copyright (C) 2010 シーケンス制御講座, All rights reserved.