ランプ点滅1

GX WORKS2の簡単な操作説明もしたのでいよいよ講座に入ります。CPUはQシリーズで行います。「Q02」あたりを選んでください。 ちなみに私が動作確認したのは「QO3UDV」です。Qシリーズであれば大丈夫です。設定方法が分からなければGX WARKS2起動から確認してください。

最初の課題はランプの点滅です。次のように動作させてください。

  1. スイッチ「X0」をON→ランプ「Y0」が1秒間隔で点滅
  2. スイッチ「X0」をOFFしても「Y0」は点滅を続ける
  3. スイッチ「X1」をON→ランプ「Y0」が消灯

点滅はタイマーを使ってください。最初から回答を確認するのではなく自分で入力して動作させて確認させてみてください。

スイッチ「X0」をOFFしても点滅を続けるということは自己保持させます。ただ初心者のうちは点滅につまづくかもしれません。それは点滅時に自己保持を切ってしまうからです。 自己保持と点滅動作は別に考える必要があります。

動作しましたか?回路のつくりですが

  1. スイッチ「X0」で「M0」のコイルをON
  2. 「M0」は自己保持をかけ、「X1」のb接点で解除できるようにする
  3. 「M0」の接点で「Y0」のランプ点灯
  4. 点滅回路を別途作成。点滅回路は「Y0」の条件にする

つまり「Y0」のランプの点灯条件が「M0」と点滅回路になるようにすればいいわけです。点灯しているランプを1秒間隔で消灯させるというイメージです。

完成したらシミュレータを起動して実行してみてください。

「X0」を強制ONさせると「Y0」が点滅。「X0」をOFFさせても「Y0」が点滅を続ける。「X1」を強制ONさせると「Y0」は消灯すればOKです。

強制ON:カーソルを合わせて「SHIFT」+「ENTER」

もちろんモニタモードにしないと確認できません。モニタモードは「F3」キーです。

それでは次のページで回答を見てみましょう。



ランプ点滅1回路
絵で見てわかるシーケンス制御

シーケンス制御を短期間で理解するには通信講座がお勧めです。シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御をできるだけわかりやすく説明していますので、一度目を通していただければ通信講座も短期間で身につくと思います。


わかりやすい電気保全

シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御について詳しく解説していますが、実際の保全業務となるともう少し広い範囲の知識も必要です。故障した設備を素早く原因を探して素早く直す。実際はなかなか難しいことです。 浅くてもいいので少し広く知識を持っていれば、役にたつと思います。


図解入門 よくわかる最新 シーケンス制御と回路図の基本はKindle版(電子書籍)です。

Copyright (C) 2010 シーケンス制御講座, All rights reserved.