コンベア動作

シミュレータの真ん中にあるのはコンベアとしてください。その端にある丸いファンみたいなものはコンベアのローラと考えてください。

「Y00」でコンベアは正転します。「Y01」で逆転します。まずは手動で動作するようにしてみましょう。

  1. コンベア正転「X24」をON→コンベアが右方向回転(保持)
  2. コンベア逆転「X25」をON→コンベアが左方向回転(保持)
  3. コンベア停止「X26」をON→コンベアが停止
  4. ただし正転と逆転が同時に起こらないようにすること
  5. スイッチはランプ機能があるので、動作中は点灯させる

順番に作っていきましょう。まずは「X24」で正転して保持するということで「X24」で自己保持を作ります。「X26」で停止なので自己保持の解除条件に「X26」を使います。

次に逆転です。同じように作ります。しかしこれでは正転と逆転が同時に入ってしまいますね。そこで片方ののコイルが入っているときはもう片方は入らないようにする。さらには両方入ること自体不可能にする回路にする。 このようなつくりを「インターロック回路」とよびます。

出力「Y00」と「Y01」に対しても最終的なインターロックをつけますが、手動で自己保持して出力させる場合は、手動の回路に対してもインターロックをつけてください。

では回路を見てみましょう。

まず「M10」と「M11」でスイッチに対して自己保持をかけています。その信号でコンベアを回転させています。ここでそれぞれの自己保持が「M10」と「M11」で解除されるようになっています。これがインターロックです。 インターロックのかけかたはいろいろあります。例えば「X24」などのスイッチの前に「M11」を挿入しても機能としては働きます。しかしこの場合スイッチ操作に対してインターロックをかけているだけなので、何らかの要因で「M10」と「M11」がONしてしまうとインターロックとしての機能は働きません。 そのため上の回路のように自己保持の解除条件としてインターロックをかけておけば、もし「M10」と「M11」が両方ONしたとしても即解除されます。

「Y0」と「Y1」の部分にもインターロックをいれています。こちらは最終的なインターロックで、どちらかというとプログラムミスに働くようになります。

あとはランプを点灯させれば完成です。停止ランプは今回は点灯させていません。変わりに停止スイッチを押すと点灯するようにしています。


コンベア往復動作

ここまでの内容をダウンロードできます。ダウンロードはダウンロード同意書に同意したものとします。

kouzaV100_3.zipダウンロード

絵で見てわかるシーケンス制御

シーケンス制御を短期間で理解するには通信講座がお勧めです。シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御をできるだけわかりやすく説明していますので、一度目を通していただければ通信講座も短期間で身につくと思います。


わかりやすい電気保全

シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御について詳しく解説していますが、実際の保全業務となるともう少し広い範囲の知識も必要です。故障した設備を素早く原因を探して素早く直す。実際はなかなか難しいことです。 浅くてもいいので少し広く知識を持っていれば、役にたつと思います。


図解入門 よくわかる最新 シーケンス制御と回路図の基本はKindle版(電子書籍)です。

Copyright (C) 2010 シーケンス制御講座, All rights reserved.