実践!ラダー学習キット

シーケンス制御講座独自のノウハウが詰まった教材です。三菱製のソフトを使いラダー図のプログラミングが学習できます。ソフトの基本的な使い方はもちろん学習でき、回路設計の考え方、プログラミングの書き方など、シーケンス制御に必要なものはほぼ学習できます。 下の動画にあるような仮想的な設備を1つ1つ解説しながら学習できる項目もあります。実際に作業しながら学習できるため効率もよく、内容も実際に現場で使っている書き方を説明していますので無駄がありません。まずは次の動画を見てください。

これは三菱製のソフト「GX WORKS2」とGT Designer3を使ったシミュレーション機能で動作させています。学習するためにはソフトが2つ必要にはなりますが、PLCやコンベアなど実際の機材は必要ありません。 パソコン上で動作確認を行いながら学習ができる新しいタイプの教材です。パソコンとソフト、そしてこの学習キットさえあれば即学習が可能となります。もちろん配線作業は必要ありません。

シーケンス制御講座では無償バージョンも準備していますので、まずどのようなものか触ってみて、もっと使ってみたいと感じてくれれば有料バージョンをお勧めします。もちろん有料版には現時点でのノウハウがぎっしり詰まっています。 無償バージョンではコンベア上の箱を動かすだけですが、有償バージョンはPP搬送やトランスファ搬送などを使い、学習できます。
(無償バージョンは暇なときに更新しているので、開発は遅れています。)

シーケンス制御講座ではラダー図の基本や単体での機能の説明(自己保持など)を中心にしていますが「実践!ラダー図学習キット」では実際にプログラムを最初から作り、設備に対するプログラムの設計方法や考え方まで説明しています。 ここまで説明すると賛否両論が出ますが、あえて説明しています。書籍などではまず説明されていないレベルで構成された学習キットです。

つまり「実践!ラダー図学習キット」内に準備された何もプログラムが入っていない設備を実際に1からプログラミングして動作させていきます。もちろん基本的な部分やソフトの使い方なども細かく説明しています。 「実践!ラダー図学習キット」では一般的に使用されている歩進方式(自己保持を繰り返して動作を進めていく方式)で解説しています。

別途ソフトが必要ではありますが、実際にこのレベルの設備を準備するよりもパソコン内で簡単に動作確認できますので学習効率がとても高いです。

これからシーケンス制御を学習する方でも大丈夫です。基礎部分の解説も簡単ではありますが行っています。「実践!ラダー図学習キット」は最終的に簡単な設備のプログラムを1つ完成させる講座です。 理解できるかどうか不安のある方はシーケンス制御講座(本サイト)の「中級」辺りまでを理解できていれば大丈夫です。



キット内容
①学習キット本体(GTXファイル)←GOTデータです。
②学習テキスト(PDFファイル)←200ページ程度
③学習キット内で作成した参考データ(gxwファイル)

また、どのようなものか実際に動作させて体験してみたい方は無償バージョンもありますので、まずはどのようなものか体験してみてください。

注意事項として「実践!ラダー図学習キット」はすべて電子データです。そのためご購入後は基本的に返品には応じません。あらかじめご了承ください。

それとご購入前に必ず下記の動作確認を行ってください。
①無償バージョンで動作を確認する
②動作確認ファイルを実行して動作確認を行う


↓↓無償バージョン↓↓
ダウンロード


↓↓無償バージョンの講座内容↓↓
実践講座2


↓↓動作確認ファイル↓↓
ダウンロード

↓↓動作確認ファイルの使用方法動画↓↓

使用方法は「使い方」でも説明していますので、ゆっくり読みたい方はコチラからご確認ください。



お問い合わせ
絵で見てわかるシーケンス制御

シーケンス制御を短期間で理解するには通信講座がお勧めです。シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御をできるだけわかりやすく説明していますので、一度目を通していただければ通信講座も短期間で身につくと思います。


わかりやすい電気保全

シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御について詳しく解説していますが、実際の保全業務となるともう少し広い範囲の知識も必要です。故障した設備を素早く原因を探して素早く直す。実際はなかなか難しいことです。 浅くてもいいので少し広く知識を持っていれば、役にたつと思います。


図解入門 よくわかる最新 シーケンス制御と回路図の基本はKindle版(電子書籍)です。

Copyright (C) 2010 シーケンス制御講座, All rights reserved.