シーケンス制御講座

必要なもの

これからシーケンス制御を勉強する上で必要なものを紹介します。勉強すると言っても、勉強だけで終わるのではなく、がんばれば副業としてシーケンス回路を製作することも可能です。 ただしここまでになるにはかなりの経験が必要ですが、副業ではなく本業として転職するときにも役にたつかもしれません。

作成日:2010年
更新日:2020年09月25日

パソコン

パソコンのメーカーなどはサポートさえしっかりしていればなんでも大丈夫だと思います。ただし最近のソフトは動作が重いため低スペックのパソコンは選ばないようにしましょう。そして実際に設備の前で作業するのでノートパソコンは必ず必要です。ちなみに私はゲーミングパソコンを使っています。そして現場ではノートパソコン、現場以外ではデスクトップで作業をしています。
OSは64ビットでも大丈夫だと思います。ソフトによっては64ビットに対応していないものもあるので、ご自身で使う予定のソフトを確認してみてください。

HPかDELLを使えばまず問題はないと思います。OSの切り替わり直後もダウングレードできるので。


【HP】法人向けノートパソコンおすすめキャンペーン

USBシリアル変換

最近のパソコンはRS-232Cポートを標準で持っていません。はっきり言って仕事以外で使うことはないのですが、この業界ではまだまだ現役で使用されます。 PLC以外の機器設定を行うのために必要になります。1個持っておいた方がいいと思います。

いろいろなメーカーから販売されていますが、製品によっては相性が悪く接続できないものもあるみたいです。私は下記のものを使用していますが、今のところ問題なくいろいろな機器に接続できています。

メーカー:iBUFFALO
型式:SRC06-USB

接続ケーブル

三菱のAシリーズなど、USBポートが無い古いタイプに接続する場合は必要です。作業の内容によって変わってきますが、これから新規に設備を制作していくような業種の場合、必要ないと思います。古い設備の改造や、設備保全がメインの業種であれば必ず必要です。私も1セット持っていますが、ほとんど使うことはないです。

メーカー:TAM
型式:TAM-RSCVC-3V

FXに接続するには
型式:TAM-RSCVC-A0

接続イメージはシーケンサとの接続を参照してください。

メーカーホームページはTAMです。

高価なケーブルです。USB接続しかしないのであれば必要ありません。

ソフト

ソフトが無いと始まりません。かなり高額なものです。お金を出して勉強するのですからしっかり勉強して費用を回収できるように心掛けましょう。


三菱プログラミングソフト GX Works2 (SW1DNC-GXW2-J)
¥93,500円(税込)

勉強用シーケンサ

もし手に入るようであれば実際に使いながら学習したほうが理解が速いと思います。しかし最近のソフトはシミュレータ機能があるので、プログラムの動作だけならシミュレータ機能を使ってパソコン内に仮想シーケンサを作って動作させることが可能です。ただしシミュレータ機能では実際に配線をすることができないので、配線をしたい場合は実際にシーケンサを入手するしかありません。
また、GT Designer3というタッチパネル編集用ソフトがあれば、本格的にラダー図を学習できるキット(電子データ)も販売しています。もちろんこのキットも配線作業はできませんが。実践!ラダー学習キット

制御対象

プログラムを勉強したら、実際に機械を動作させてみたいでしょう。簡単な制御キットを準備して動作させます。

技能検定対策盤

セットで購入

ソフト+シーケンサのお得なセットがあります。


三菱エンジニアリングソフトGX Works2とシーケンサ(FX3S-30MR)のセット商品!
¥121,000円(税込)

コメント:三菱シーケンサ(FX3S-30MR)とプログラミングソフト(GX Works2)を組み合わせたお得なセット商品です




絵で見てわかるシーケンス制御

シーケンス制御を短期間で理解するには通信講座がお勧めです。シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御をできるだけわかりやすく説明していますので、一度目を通していただければ通信講座も短期間で身につくと思います。

わかりやすい電気保全

シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御について詳しく解説していますが、実際の保全業務となるともう少し広い範囲の知識も必要です。故障した設備を素早く原因を探して素早く直す。実際はなかなか難しいことです。 浅くてもいいので少し広く知識を持っていれば、役にたつと思います。


図解入門 よくわかる最新 シーケンス制御と回路図の基本はKindle版(電子書籍)です。

Copyright (C) 2010 シーケンス制御講座, All rights reserved.