English

シーケンス制御とは

シーケンス制御は工場の自動機などでよく使われる制御ですが、実はシーケンス制御自体はプログラムではありません。シーケンス制御とは順序通りに動作させるように作られた制御全般を一般的にシーケンス制御と呼んでいます。 そもそもシーケンスとは何でしょうか?普通に調べると「順番に並んだ」などの意味になります。

順番とおりの制御といってもわかりにくいと思いますが、あらかじめどのように動作をするかプログラムしておき、実際にプログラムとおりに動かすのです。つまり一定の動作を順序通り動作するようにプログラミングされている制御のことをシーケンス制御と呼びます。

たとえばコンベアで製品が流れてきました。コンベアの端まで行くとロボットが製品をつかんで机の上におく。 このような動作もシーケンス制御で行います。まず製品を確認するためのセンサーがついています。 このセンサーが反応したら、ハンドを製品の上に持っていき、ハンドを下降し、ハンドを閉じる。 このように製品を掴んで机に移動する。この一連の動作もあらかじめどのような順番で動作するかプログラミングされています。

もっと身近なもので説明すると、代表的なものがエレベータです。すべてのエレベータがシーケンス制御かどうかは分かりませんが、たとえばボタンを押せば、 押した階にエレベータが来て、ドアを開ける。人が乗って中から行き先のボタンを押せば、ドアが閉まり、行き先の階までエレベータが移動します。 到着すればドアが開きます。行き先ボタンなどの複雑な条件が含まれますが、ボタンを押せば決められた動作を行います。

このように動作があらかじめ順序通りに動作するようにプログラミングされている制御がシーケンス制御です。つまりシーケンス制御とはこのような仕組みのことで、シーケンス制御で直接何かを制御するわけではありません。

例えばC言語などでもシーケンス制御を行うことができます。プログラム以前のカム動作もシーケンス制御です。このようにシーケンス制御といってもいろいろな手段がありますが、本講座ではPLCという機器を使ったシーケンス制御を解説します。

PLCは主に製造工場の生産機器に使われている機器です。「シーケンス制御といえば工場の設備を動かしているもの。」と思われているくらいよく使われています。これから自動設備の勉強や自動ラインの担当になる方は必見です。

それではシーケンス制御を実現する機器を見ていきましょう。



PLCとは
絵で見てわかるシーケンス制御

シーケンス制御を短期間で理解するには通信講座がお勧めです。シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御をできるだけわかりやすく説明していますので、一度目を通していただければ通信講座も短期間で身につくと思います。


わかりやすい電気保全

シーケンス制御講座(このサイト)ではシーケンス制御について詳しく解説していますが、実際の保全業務となるともう少し広い範囲の知識も必要です。故障した設備を素早く原因を探して素早く直す。実際はなかなか難しいことです。 浅くてもいいので少し広く知識を持っていれば、役にたつと思います。


図解入門 よくわかる最新 シーケンス制御と回路図の基本はKindle版(電子書籍)です。

Copyright (C) 2010 シーケンス制御講座, All rights reserved.